「LIFEonMONEY(ライフオンマネー)」の始め方 口コミ評判や評価レビュー解説

本当に稼げる副業ビジネス

未分類

これからは社員の副業に寛容な会社が生き残る

投稿日:

社員の副業を認める会社は今後も増えていくのか

社員の副業を認める会社が出てきました。しかも中小企業ではなく大手の会社です。
テレビCM等でもおなじみのロート製薬が社員の副業を認める方針を打ち出したのです。この制作は今後の日本企業にどのような影響を及ぼしていくのでしょうか。

多くの会社員が、更なる収入を得ながら社外で多くの事を学んでいける事は素晴らしい事です。このような政策は今後のサラリーマンの働き方をどのように変えていくのでしょうか。

社員の学習効果にも繋がる政策

今回ロート製薬は社員の副業を許可する方向で調整をおこなっていますが、これには大きな社員への期待も込められています。
チャレンジワークと呼ばれる今回の制度は一体何を意味するのでしょうか。また会社は自社の社員に何を期待するのでしょうか。中々例をみない試みですので、効果の測定は中々難しいですがやはり多くの効果をもたらしてくれる事を多くの会社が期待しているのです。

多くの体験を社内に持ちこんでもらう事の重要性

今回のロート製薬に限らず、最近の社会ではダイバーシティという表現がよく言われています。これは自社の社員により多様な仕事を認めたり、働き方を考えてもらうには大変よい習慣です。

最近では大変多くの会社でこのような取り組みが盛んに行われ得ています。
社外で様々な活動を行ってもらう事で大変多くの知識や経験をしてもらう事ができるのです。このような活動を通じて社外で学んだ様々な経験や知識を社内で共有して貰えば会社としても大変有り難い事なのです。

今後もこのような働き方やダブルワークを会社として積極的に認めていく会社が増えていけば、それはそれで大変素敵な事です。

今後の働き方は大変重要な問題

いずれにしても今後の働き方は重要な事です。
会社もこのような働き方社員に認めていく事で社内に多様な価値観をどんどん取り込んでいく事ができのです。しかし、本業がおろそかになってしまっては困るというのが本音えはないでしょうか。

この点に関しては会社の上層部も十分に理解しているはずです。
増えていく社内の問題を社内の人材のみで解決するのは大変困難な事です。

外部から人材を招聘する事も一つの方法ですがそれ以外にも大変素晴らしい働き方も当然可能なのです。この点を考えればこのような働き方はどなたでもできますし、社外で学んだ事を社内に持ち帰る事で会社との関係をウィンウィンとする事も十分に可能なのです。
後ろめたい気持ちで副業を行っていくのでなく学んだ事を会社に還元して行くことが重要な事なのです。

時代は変化していきます

副業からは少し話はそれますが、最近では、自宅での業務を認める会社も増えてきました。
育児や両親の介護等、今後の日本においては様々な問題が山積みです。

これらを解決していく事は会社や個人にとって大変重要な問題なのです。
副業の問題も含めて今後は自分らしい働き方を会社と従業員の中で模索する時代です。

増えていく社会的問題を解決していくには、自社の社員向上は欠かせない事なのです。自社の社員に色々な経験をさせて会社の力を上げていきたいと考える会社の取り組みは素晴らしい事です。

今後の日本企業の社員管理や、労務管理の一つの参考になるこのような政策に関しては是非とも多くの他の会社も見洗っていくべき事かも知れません。

-未分類

Copyright© 本当に稼げる副業ビジネス , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.